レーシック手術
 TOP > 医療控除(確定申告)
■ はじめに
 ≫ サイトポリシー
 ≫ レーシックとは
 ≫ メリット、デメリット
 ≫ 合併症について
■ レーシック体験談
 ≫ 決断
 ≫ 病院選び
 ≫ 適応検査申し込み
 ≫ 適応検査当日
 ≫ 手術前検査
 ≫ 手術
 ≫ 手術後
 ≫ 翌日検診
 ≫ 3日〜6日目
 ≫ 9日〜30日目
 ≫ 1ヶ月〜3ヶ月目
 ≫ 3ヶ月〜12ヶ月目
■ お役立ち情報
 ≫ 手術給付金
  医療控除(確定申告)
 ≫ 運転免許書き換え
 ≫ リンク集
医療控除(確定申告)

1月から12月までの間に支払った医療費が10万円を越える方は確定申告をすれば税金の還付が受けられます。確定申告の時期は1月から12月までの間に支払った医療費を、翌年の2月16日から3月15日までに申告します。(税金が戻ってくる還付申告ですので1月から受付てくれます。2月16日からは大混雑ですのでその前に手続きを済ませたほうが無難です)確定申告の際に必要になりますので手術代金の領収書を大切に保管しておきましょう。また、交通費(ガソリン代などは除く)なども一緒に申告することが出来ます。医療控除の対象額算出はだいたいこんな感じです。

[実際に払った金額] - [医療保険などで戻った金額] - 10万円(*)
*:その年の所得金額合計が200万円未満の人は所得金額の5%

これで算出した還付金額がすべて戻る訳ではありません。大体この金額の10%程度です。


確定申告の時期になりました。レーシック手術を受け10万円以上の費用がかかった場合、医療控除の確定申告を行うと若干ですが税金が戻ってきます。レーシック以外の医療費でも昨年の合計が10万円を越えていれば申告できます。申請の際、領収書が必要になりますので無くさないように保管しておきましょう。税金が戻ってくる還付申告でその他の申請が無い場合(会社から給料もらっているサラリーマンなど)、1月から受け付けてもらえます。源泉徴収書を見ながら国税庁のHPで簡単に申請書を作成することができます。私の場合、約2万円ほど還付されるようです。自ら申告しなければ戻ってこないお金ですので忘れずに行いましょう。今年度申告できるのは2006年の1年間で使った医療費です。
国税庁のHP http://www.nta.go.jp/


確定申告の書類を郵送しました。医療控除は還付申告になるので、税務署に行かなくても郵送でOKです。また、本日より確定申告開始ですが還付申告は1月から可能です。必要書類を書き、添付するものとしては源泉徴収書、手術の領収書、医療保険で給付金が出ている場合はその証明書を一緒に送ります。あとは指定した口座に還付金が振り込まれるのを待つのみです(^^)

指定した口座に医療費の還付がありました(^^)私の場合、およそ2万円。通院の為の交通費もきちんと計上し、それもちゃんと通ったようです。25万円で神戸クリニックで行ったレーシック手術ですが、最終的には医療保険で5万円、確定申告で2万円戻ってきましたので、18万円で出来たことになります
Copyright(c)  lasik.2tabi.com All rights reserved.